お知らせ

人事もやっていて最近思うこと

皆さんこんにちわ!
株式会社インスパイアの布沢です!

今日は、人事も兼任している私から
最近よく思うことについて書かせて頂こうと思います。

私が人材業界に飛び込んだのは19か20歳の時。
当時高卒で、まともな就活をしたことない自分でした。

そこから4年ほど経ちますが、この数年で学生さんのレベルが非常に高くなっていると感じています。

就活の早期化、インターンの活発化、
ベンチャー思考、独立思考の増加などなど。

理由は色々あると思うのですが、
とにかく、優秀な学生が多いなと思っています。

きっと就活を通して、将来のことや市場価値の高い人材になるために
様々なことを学び、日々成長しようと学生さんが努力をしている結果だと思います。

ただ、一点忘れないで欲しいこともあります。

企業が”新卒採用をする理由”です。

もちろん企業によって理由や目的は変わると思います。

しかし、ブレないのは”将来への期待値”と”純粋さや素直さ”
この2点では無いかなと思っています。

要するに、皆さんのようなまだ純粋で無垢な人材に対して
1年後から5年後、10年後への活躍を期待して”投資”するのが新卒採用です。

さらに新卒採用は、その子一人に3億投資するのと同じだとも言われています。
⇨仮に新卒から定年まで雇用すると仮定した場合に人件費などでかかる総額が3億と言われています。

そんな皆さんに対して、企業が説明会や選考の中で求めていることは何でしょう。
ぜひ、今一度考えてみてください。

もちろん、会社の規模や業界などに応じて変わってきます。

結論、何か突出したスキルや、尖った考え方よりも、

目標に対して純粋に努力ができることや、会社として掲げている理念や考え方や
働き方に共感をして目標達成の為に戦力になってくれるか。

ここじゃないでしょうか。

まとめていくと、就活に対して、働くということに対しての角度が上がるあまりに
純粋さや、素直さを見失う学生が多いと最近感じています。

高い目標を掲げることは、もちろん悪くないです。

ただ、就活を通して変に頭でっかちになり、企業を評価してしまったり、
自分自身のスキル面に自信を持ちすぎるのは、危険だと私は考えています。

もちろん、企業側の私たちも学生さんを評価するだけではなく、
評価される側だという風には思っていますし、そういった考え方が今の時代に合ってると思います。

かといって、学生さんが企業を評価しようとしてはいけません。
これは非常に難しいですが、かなり重要なことです。

”自責に考える”と分かりやすいかもしれません。

企業も、学生も”お互いが評価されている”と思っているからこそ
真の意味で向かい合うことができ、それがリスペクトに変わると私は思っています。

ここを勘違いしなければ、就活は上手くいくのではないかとも考えています。

ぜひ、皆さんもその考え方だけは忘れずに純粋で素直な気持ちで就活に挑んでください!!!

そのサポートも私たちの方でさせていただきますので、
お気軽にお問い合わせください!!!

以上、長文読んでいただきありがとうございました!!!

PS.今年の夏こそ痩せようと思います。

株式会社インスパイア
人材営業部 布沢 太一

TOP
CONTACT